【土湯温泉】野天湯「野地温泉 新野地温泉相模屋旅館」の風情がめちゃめちゃ良かった。

福島/ 温泉・銭湯・大浴場



時刻は12時すぎ。新潟に向かうにはおそすぎる。

コマレオプラザに居すぎた(∀`*ゞ)

 

■春の日帰り小旅行。南へ向かうの巻

[1]パンセから始まる小旅行。南へ向かう

[2]【福島市】「コマレオプラザ」とても不思議な複合施設で激安バイキングを食べてみるの巻

 

ので、とりあえず猪苗代まで行ってみて考えようε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

 

まずは温泉に入らなくては!
車に積んでいる、温泉の本を片手に調べる。

ふむふむ。野地温泉雰囲気良さそう!

ということで、「新野地温泉相模屋旅館」に向かいます。

 

今はもう4月。今年はいつもより雪が少ないので、山道も全然雪がなく走りやすい。

 

と思っていたら・・・

 

 

 

 

めっちゃ雪!!!

 

 

ホワイトアウト気味で、道も狭いから対向車きたらやばい(;´Д`)

 

慎重にすすむ事15分くらい。

 

 

 

なんとか着きました(^◇^)

 

4月なのに、他は雪ないのにここだけ雪がすごい。

 

でもちゃんと除雪しているし、道としては問題なかった。怖かったけど笑

 

おっちゃんの話だと、この時期雪積もってるのここらへんだけらしい。

 

今日のお風呂。

 

新野地温泉相模屋旅館

http://www.sagamiya.sakura.ne.jp/page01.html

〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町字野地2
TEL 0242-64-3624(8時~20時)
FAX 0242-64-3160

硫黄温泉(HPより)
慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず
糖尿病、高血圧症、動脈硬化症等に
効果があるといわれております。

 

日帰りは800円でタオル付き。

なかなか広い!

 

ロビーを抜けると

なんか昔っぽい雰囲気になってきた!

こういう感じ好きだねぇー

脱衣所前に鍵付きロッカーもあります。

なになに?

野天風呂だと!!Σ(゚Д゚)

 

外履きが用意されていて、ドアをあけると・・

めっちゃモクッってる!?

 

男性用・女性用できちんとお風呂が別れていて脱衣所も完備されている。

(野天なので、寒い)

 

ので、一旦内湯に入ってから行く事に。

 

何気に女性客の方が多くて、内風呂も複数人がいらっしゃいました。(なので写真はありません)

シャワーもなく、本当に湯だけ楽しむ感じ。

※ホームページみると、シャワーもあるっぽい?

 

古い木の感じに白濁の湯。

温度も熱すぎず優しい湯でした。

 

うわぁ・・・いいわ・・・・?

何故か叫びたくなるぐらいの良いお湯。

なんだか涙が出そう・・( ;∀;)

 

体も温まったところで、野天湯にチャレンジ。

 

ちょうど誰もいなくなりました。独り占めイエイ。

 

ここからあまりにも楽しんだために写真がめっちゃ多いです。

モクモクぞーん

 

外の方が若干ぬるめ。

おわかりいただけるだろうか。

 

あまりに嬉しすぎて、写真を撮りまくってしまったという事を。

 

こんなロケーション最高すぎるだもの。

 

タイミングよくて、一人だったし。

 

思わず言ったよ。

「うわぁ・・・いいわぁ・・・・」

 

温度適温すぎるし、雪もいいし。漂う硫黄の香りが至福すぎる。

開放感ぱない。

 

 

 

しばらく肌についた硫黄の香りで、癒されるのでありました。

 

また行くぞこれは。

 

次回予告

カワウソかわいい

をお送りします。

 

 

■春の日帰り小旅行。南へ向かうの巻

[1]パンセから始まる小旅行。南へ向かう

[2]【福島市】「コマレオプラザ」とても不思議な複合施設で激安バイキングを食べてみるの巻

[3]初!野天湯「福島県 野地温泉」めっちゃいい。

[4]道の駅猪苗代→アクアマリンいなわしろカワセミ水族館へ

[5]【福島県】メヒコ 郡山フラミンゴ館 でフォトジェニック

以上、ねずホリ(本人)でした~。

新野地温泉相模屋旅館【温泉】

※2017年4月6日現在の情報です。

■ 住所:福島県福島市土湯温泉町字野地2

■ 参考URL: 公式HP

■ TEL:0242-64-3624(8時~20時)

FAX 0242-64-3160


硫黄温泉(HPより)
慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず
糖尿病、高血圧症、動脈硬化症等に
効果があるといわれております。


日帰りは800円でタオル付き。

※地図の間違いや情報が古い場合があります。必ずご自身でご確認下さい



ABOUTこの記事をかいた人

本人

普段は仙台でWEBディレクターをしていますが、このブログはそれとはまったく関係のない、休日の内容が多いです。 宮城・山形(時々北海道)のお風呂や温泉、カメラと野生動物泉の話題を中心にお送りいたします(゚∀゚)無駄に温泉ソムリエです。