【山形市】朝食が意外に豪華?スーパーホテル山形駅西口天然温泉と郷土料理「山形芋煮」

さくらんぼ祭りを見るため、山形に前乗りしてみることにしました。


→さくらんぼ祭りレポートはこちら※アメブロ)

仙台から山形までの交通手段は?

金曜だったので、仕事が終わったらそのままバスで山形へ。
仙台から山形に行くのに、一番良い交通手段はなんだろうといろいろ調べたところ、仙台→山形はバスが一番早くて安いらしい。

バス:運賃片道930円  所要時間:約1時間+ちょっと
電車:運賃片道1,140円 所要時間:1時間16分(※快速の場合)
もちろん、自家用車も1時間くらいで早い。

18時過ぎ、仙台のエデン前22番のバス停に向かうと長蛇の列。

Σ(゚Д゚)ええっこんなに混むの??

10分くらいの間隔の運行だったので、余裕ぶっこいてたらかなり利用者が多い様子。

高速バスなので、席に座れないという事はないけど落ち着いて座りたいなら「県庁市役所前」から乗った方いいかも。

高速バスのチケットの買い方(乗り方)は、とりあえず乗り込む→あとで払うシステム。
高速バスはどっかでチケットを買うことはない。
宮城交通だとicscaとかも利用可能とのこと。
私はsuicaでタッチ・アンド・ゴー!にした。

広瀬通でもお客さんが乗ってきたので、補助席使うほどいっぱいになった。

バスにはコンセントまで完備していて、充電もできそう。

そんなこんなで1時間15分ほどで山形駅到着!

エスパル~!
駅周辺には山形郷土料理のお店がわりと多かった。

わー!じゅっきーくんだ(゚∀゚)

そんなこんなで、本日の宿に到着。(山形駅から徒歩10分くらい)

スーパーホテル山形駅西口天然温泉
所在地: 〒990-0828 山形県山形市双葉町1丁目10?18
電話: 023-647-9000
http://www.superhotel.co.jp/s_hotels/yamagata/yamagata.html

温泉宿に泊まりたいところだけど、1万コースになってしまうので今回はビジネスホテル。

この宿を選んだ理由は、価格とお風呂。
基本大浴場が良いのでここに決めました。(天然温泉らしい)
そして、朝食付き(朝食無料)。

しかも、山形名物の芋煮が食べられるという事もありテンションが上がる(*´ェ`*)
(山形芋煮が異常に好き)


↑女性に嬉しい、アメニティ5点プレゼント。
20点くらいの中から好きなアメニティを5点まで選べる。

そいで、枕も選べて硬いのから柔らかいの&高さも種類豊富。こういうサービス本当に助かる。

 

大浴場に行ってみる。

花笠の湯(高田温泉から源泉を持ってきている)
泉質:ナトリウム塩化物温泉。

脱衣スペースはこんな感じ。お水がいつでも飲めるのが嬉しい。
もちろん鍵付きロッカー。

女性のとこは、番号式のロックがかけられていてセキュリティもバッチリ。

通常のシャンプー(よくあるシャンプーセット)以外にも、ラックス的なものもあった。
地味にクレンジングがあって助かるわー


お風呂は狭いけど、黄色が強いお湯。
ちょいぬるっと感あったかな。

スーパーホテル山形駅西口天然温泉の朝食は?

そして朝。

わりと豪華(゚∀゚)!!!

芋煮~!!!IMONI~!!!いもにー!!!!

ちなみに、秋には東北地方で芋煮会というものが各地(主に川沿い)で行われる。
仙台では→味噌ベース(豚肉)※決して、味噌汁ではありません
山形では→醤油ベース(牛肉)
と味が違う。

芋煮会では、仙台風・山形風二種類作っちゃうケースも多数。私は仙台人だが断然、山形風芋煮が好き。

芋煮会(いもにかい)とは、日本の主に東北地方で行われる季節行事で、秋に河川敷などの野外にグループで集まり、サトイモを使った鍋料理などを作って食べる行事である。
呼称には地域差があるが、ここでは総称として「芋煮」「芋煮会」という呼称を用いる。

芋煮会Wikipediaより

ヤバイうまい(゚∀゚)

パンも充実の品揃え。

レンジとトースターがあるので、レンジで15秒→トースター1分焼くと焼き立てパンみたいな食感になる。
ん~。これで3,000円は安い(じゃらん@2名利用)+駐車場500円

予約はこちらからどうぞ▼

以上、ねずホリ(本人)でした~。

この記事の施設情報

スーパーホテル山形駅西口天然温泉

住所:山形県山形市双葉町1丁目10-18

参考URL: 公式HP

予約・詳細(楽天トラベル):スーパーホテル山形駅西口天然温泉

TEL:023-647-9000

大浴場あり。
天然温泉「花笠の湯」※源泉:高田温泉

※2017年6月18日現在の情報です。

※地図がうまくさせない事があるので、必ずご自身でご確認ください。




ABOUTこの記事をかいた人

本人

普段は仙台でWEBディレクターをしていますが、このブログはそれとはまったく関係のない、休日の内容が多いです。 宮城・山形(時々北海道)のお風呂や温泉、カメラと野生動物泉の話題を中心にお送りいたします(゚∀゚)無駄に温泉ソムリエです。