【福島】諸橋近代美術館はインスタ映えがすごい。

福島県にすごい美術館があるという話を聞いていたので、興味があった。

たまたまネットサーフィンをしていたときにその美術館、「諸橋近代美術館(もろはしきんだいびじゅつかん)」を見つけて現在開催中の「ダリの美食会」がめちゃくちゃ気になった。

つーか、なにこの美術館!お洒落すぎ!ドメインまでダリだし(゚∀゚)
良く取れたな~ドメイン

http://dali.jp/

という事で、早速急行です(`д´)ゝ!!!

時刻は8時。仙台から福島県まで高速道路を利用して移動です。
ナビだと10:45着予定なので、仙台から諸橋近代美術館まで約3時間くらいかな。
※ちょっと遅めになるよう設定してるので、きっと2時30分位だと思う。

途中、国見SA(サービスエリア)で休憩。お食事メニューは残念ながら、朝定食のみでした。

そこから1時間ほどの安達太良SAにも寄ってみる。

伊達鶏五目わっぱそばセットとか五目焼きそばがオススメらしいけど、10時からなのでこちらも朝メニューのみだった・・・orz

中に入ってたパン屋さん

吾妻小富士メロンパン185円
ここでしか変えない名物メロンパンらしい。

こちら「バターチキンカレーパン(甘口)」

レンジがあるので、温めて食べると生地がモッチリして美味しい~

お腹が満たされたところで、「磐越自動車道 猪苗代磐梯高原I.C.」で降りてそこから30分

着きました!諸橋近代美術館!

もう門構えからして日本じゃないみたいな雰囲気。

おおっ(゚∀゚)!すげぇ~

上の方にある駐車場の休憩スペースから見える感じもオシャレです(*´ェ`*)

カメラ男子&カメラ女子がたくさんいて、みんな写真撮りまくってた。

インスタ映えしそう。
※私はインスタっぽい写真が撮れない(スマホ撮影が苦手)

因みにカメラはSONY NEX-3N(中古)にSEL35F18とSEL16F28+Flsheyeコンバーターを付け替えて使ってます。
動物撮るは一眼持ってくけど、フットワークの軽いミラーレスを持ってくのが増えたかも。

美術館を取り囲むように、川が流れていて心地よい。

正面から撮ってみた。斜めから撮った方いいかもしれない。

いやぁ~、ここが日本だという事を忘れさせてくれるような素敵な佇まい・・・(*´ェ`*)

中に入ると、フロアマットがこれまたオシャレ!アリさんやほー
このマットかわいいなぁ。

本日のお目当て。

以下、館内は撮影禁止なので中の様子はHPなどでどうぞ。

中は絵画だったり、造形だったり、写真だったり、展示数がめちゃくちゃ豊富。
色使いやら発想力が凄すぎて、鳥肌立った( ;∀;)

奥に展示されていた、現代画家の「パメ-ラ・ジュ-ン・クルック」さんという方の作品も素晴らしかった。

いやぁ、絵を見て鳥肌立つとか初めてだわ。

そして、美術館といえば併設のカフェ!

美術館を囲む池?を愛でながら、コーヒーやケーキ、軽食を愉しむ事ができます。

期間限定メニューのコレを頼みました(゚∀゚)

おおおおっ(゚∀゚)!素敵!

ハートが浮かぶラムネ味のアイスが浮かんでいます。このグラスのおヒゲはダリさん。

これまたインスタに上げたくなるようなやつ。

グラスを口のあたりに持ってくと、おヒゲがいい感じに顔につく。

紅茶のシフォンケーキにはアイスが乗ってる。美味しかった(*´ェ`*)

コースターもおひげ。かわいい。

あと、ダリさんのグッズなんかも売ってた。

フォトプロップスに使えそうなペン。他にもマグカップ、香水、扇子、靴下、Tシャツ、フィギュア、お皿、手ぬぐい・・などなどいろんな種類のグッズがありました。
※グッズの写真は公式HPからどうぞ

お菓子系はなかったので、あればいいのになぁ~。

うちのメガネはおちょこ(グラス)を購入してました。

かわいい…。おヒゲの太さが3種類あって、一番細いのやつをチョイス。(記憶が定かではない)

お酒いれるとこんな感じ。(ワインとかにした方がわかりやすかったかな)

帰りは米沢方面から仙台へ。ちょっくらひとっ風呂浴びて帰ります~(日帰り)

以上、ねずホリ(本人)でした~。

この記事の施設情報【美術館】

諸橋近代美術館(もろはしきんだいびじゅつかん)

住所:福島県耶麻郡北塩原村桧原剣ケ峯1093−23

参考URL: 公式HP

TEL:0241-37-1088

午前9時30分~午後5時30分
※11月は午後5時00分閉館です。
※入館は閉館時間の30分前まで。

大人950円(公式HPにWEBクーポンあり)

開館期間
4月20日~11月30日
※展示替えのため臨時休館あり。
※展覧会会期中は無休。

※2017年9月2日現在の情報です。

※地図がうまくさせない事があるので、必ずご自身でご確認ください。




ABOUTこの記事をかいた人

本人

普段は仙台でWEBディレクターをしていますが、このブログはそれとはまったく関係のない、休日の内容が多いです。 宮城・山形(時々北海道)のお風呂や温泉、カメラと野生動物泉の話題を中心にお送りいたします(゚∀゚)無駄に温泉ソムリエです。