福島/ 温泉・銭湯・大浴場

【福島県田村市】聖石温泉 褐色ののどかな温泉。食事もできるよ。

連休初日、ルーレットで決まった「福島県」へレッツゴー(゚∀゚)

目的地を決めずにとりあえず、高速で福島県へ。

菅生サービスエリアで朝ごはん

途中、菅生に立ち寄って朝ごはんを食べます(´~`)

かなり豊富なメニューです(*´ェ`*)んーむ

やっべー!あんかけ焼きそばあるじゃん!

 

 

・・・しかし、朝の時間はあんかけ焼きそばはなかった( ;∀;)

気を取り直して、白石温麺 鶏照焼きを注文しました。

こんな感じ。

わりと濃いめの汁に揚げ玉が良くあいます。やっぱ朝だし、こういうさっぱりしたやつの方いいわ。

するっと食べられる。ごちそうさまでした!

車は一路、福島を目指し爆走中。福島と言えば・・ググってみると

「あっそう言えば、リカちゃんキャッスルあったじゃん!」

という事で、目的地はリカちゃんキャッスルに決定しました。

ずっと高速ではつまらないので、途中福島飯坂で降りてあとは一般道からリカちゃんキャッスルへ。

道の駅「安達」智恵子の里・上り線でExcite!

途中、安達の道の駅によってみたり。

ついでに野菜買ってった。こういうとこの安くて新鮮だから好き。そして名前がいいよね

(*´ェ`*)Excite!

中に食堂も入ってるようで、こちらのメニューも美味そう・・

(*´ェ`*)Excite!

お腹いっぱいだったので、食べられなかったけどアイスクリームも美味しそうだった

(*´ェ`*)Excite!

と、そんな感じで349号線を走り続けることしばし。

聖石温泉とイソイソマダム

!!!

 

温泉キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

思いがけず、温泉に出会いました(*´ェ`*)

駐車場にはニワトリ達がいました。

駐車場はそんなに広くないのですぐいっぱいになりそうな気がする。

ガララ・・(入口をあける音)

そこには談笑中マダム達がおりました。

マダム「あ、お風呂?」

私「えっ、あっはい・・風呂は・・・・??」

マダム「こっちよ!」ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

そういうとマダム達の中の一人(このお店の方)が高速で案内を始めます。

マダム「ここがね!ロッカー!」ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

マダムは足を止める事なく、どんどん進んでいく・・

マダム「ここよ!お風呂」ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

そういうと高速でお風呂の用意をしてくれた。

マダム「ここのお風呂はね!鉄だからね!すごく温まるのよ!足茶色くなるけど、足軽くなるのよ!」

私「へーそうなんですかー」

マダム「山登りの帰りに寄ってく人いるのよ。足茶色くなるけど!」

大事なことなので、“足が茶色くなる”という情報を2度に渡って教えてくださった。

一見、ただの食堂っぽい佇まいなもので、中がこんなに広いとは思わなかった。

鍵付きロッカーもあるし

しっかりコーヒー牛乳などの風呂上がりに欠かせない、ドリンクがラインナップ。

神棚もあった。

本日は1回入浴500円でチャレンジジョイ。

宴会コースなんかもあるらしい。

こちら温泉分析書。

こちら脱衣スペース。わりと広い。

シャワーは2つ。

で、こちらがお風呂!めっちゃ茶っっっっ!!!(゚д゚)!

ひねった水まで茶っっ

こいつは(*´ェ`*)Excite!

どうやら冷鉱泉のようです。香る鉄臭がたまらん。

温度が適温すぎるし、浴槽広いし雰囲気いいし、長風呂すんぞこれ。。。

泳げそうなくらい広いお風呂を独り占めでございます。THE ZE★I★T★A★KU

お風呂熱くないんだけど、まぁいい感じに汗かいてくるわ(;*´ェ`*;)イヤァ

お風呂から上がって、外をみるとなんとまぁのどかな景色(*´ェ`*)

さっきマダムにダッシュで案内されたからわからなかったけど、よくよく見ると何かばあちゃん家にきたみたいな雰囲気が漂っていた事に気づく。

そしてロッカー隣には、すてきな写真の数々。

リニューアル記念だかの写真もあった。いいねーこういう花(*´ェ`*)

そしてこちらもマダムの高速案内で気づかなかった大広間。結構広い。いろいろメニューもあるっぽい。

お腹へってたら食べたかったかも。

マダム達にご挨拶をして、お店を後にしました。

一般道通るとこういう出会あるからいいんだわ。

お風呂からあがって、しばらくの間ずーーーっとポカポカでした。すげーぜ鉄。

以上、ねずホリ(本人)でした~。

奥州福島 聖石温泉【日帰り温泉】

※2017年11月4日現在の情報です。

■ 住所:福島県田村市船引町大倉字聖石215

■ TEL:0247-84-2430

単純鉄冷鉱泉
1日利用 1,400円(8時~17時)
半日利用 800円
2時間まで 500円
カラオケ 1曲100円

※地図の間違いや情報が古い場合があります。必ずご自身でご確認下さい


ABOUTこの記事をかいた人

本人

普段は仙台でWEBディレクターをしていますが、このブログはそれとはまったく関係のない、休日の内容が多いです。 宮城・山形(時々北海道)のお風呂や温泉、カメラと野生動物泉の話題を中心にお送りいたします(゚∀゚)無駄に温泉ソムリエです。