【鳴子温泉】あ・ら伊達な道の駅のバイキングと憧れの黒湯

宮城・仙台/ 温泉・銭湯・大浴場


道の駅版ランチパスポートみたいなやつが発売されまして、特にあ・ら・伊達な道の駅のバイキングが安い!

 

東北「道の駅」グルメガイド 59駅掲載、対象メニューや土産をワンコインで(写真ニュース) – 仙台経済新聞
https://sendai.keizai.biz/headline/photo/2347/

なんと1000円→500円という太っ腹ぷり。

普通のランパスだと、一人1冊なのだけどこの「東北『道の駅』グルメめぐり」は1冊で4回or4名使えるのである。

 

うひょ~ヽ(=´▽`=)ノ

 

駐車場も増えて、入りやすくなった!

この日(5月17日)は、何故かいつもより人が少なかった。ラッキー

 

というわけで、さっそくバイキングへ。

野菜めっちゃいっぱいあってヘルシー!

右のこんにゃく入ってるやつとか、味しみててご飯もイケちゃう美味しさ。

(写真撮り忘れたけど)カレーなんかは4、5種類もあるんだからびっくり(゚∀゚)!!

 

デザートにはぶどうのシャーベットもあり、お口さっぱり。

ん~、これで500円は満足だ。(本のおかげ)

 

ご飯で満足した後は、やっぱり温泉。

だって鳴子だし。

ずっと気になっていた温泉があったのです。

 

それがこちら。

東鳴子温泉 馬場温泉
所在地: 〒989-6100 宮城県大崎市鳴子温泉馬場102
電話: 0229-83-3378

 

http://www.naruko.gr.jp/shukuhaku/bath/01/index_7.php 

 

ホームページもないし、じゃらんにも登録がないので公式情報がわからない(;´∀`)

 

いろいろググってみると

・黒湯がある

・最近リニューアルされた

・貸切風呂がある

・熱い

などの情報が!

 

あー気になるぞ((o(´∀`)o))ワクワク

 

受付でお金を払うと、店のおじさんが「熱いの大丈夫?」と質問してきた。

 

ぬ。

 

前回、山形のやたら熱い大の目温泉はいったし、大丈夫だろう!

→記事はこちら

 

とりあえず、「た、、多分(; ・`д・´)」と答えておいた。

 

先客がいらっしゃったので、まずは内風呂へ。

お写真撮れなかったので、パンフレットをば。

 

リニューアルしたということで、脱衣所もキレイ。

ホームページないのはもったいないなーと思う。

 

泉質
ナトリウム-炭酸水素塩泉(旧泉質名:順重曹泉)
黄色で濁り味もほとんどなく、微かに木材臭を放ち、中性である。
源泉100%→泉温42.1℃
湧出量(自噴)毎分42.5L

入浴料:大人500円

リーフレットより抜粋。

 

ん~宿泊もなかなか良い値段。

 

さてさて、それでは貸し切り風呂に向かいましょう★

でん!

 

何故か、バスの時刻表やら町内会の回覧的なお知らせの紙が貼られている。

地元の方の憩いの場という事なのだろうか。

いやぁ親切なお風呂ですな。

 

ここは30分限定だそうです。

 

手で触れた感じ、そんなに熱くないかな・・

 

 

 

 

と思った、私が馬鹿でした。

 

 

おじさんの言うとおり、めっちゃアツい。

 

昔あったスーパージョッキーの熱湯コマーシャルってこんぐらい熱いんだろうか。

意を決して、肩まで浸かってみる。

 

(こういう時って何故か息止めて入るよね。あたしだけか。)

 

一回入ってしまえばなんとか入れる。(動かなければ)

 

熱湯コマーシャルだったら、1分くらい宣伝時間もらえる勢いヽ(=´▽`=)ノ

 

コーラっぽい感じの黒さの湯。ちょっと入るだけで、めっちゃ温まるというか熱い。

ぴりっと感もあるかな。

汗すごいかいた。

 

お風呂上がったあとは、すごい爽快感でスッキリ。

さっぱりとしたお湯でした。

 

お風呂で回復した後は、世界でもトップクラスの酸性度を持つ潟沼を目指します(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

以上、ねずホリ(本人)でした~。