仙台から鮎川→金華山への車での行き方・アクセスをレポートするよ!

宮城・仙台の 観光・施設


日帰りで、宮城県石巻市にある離島「金華山」に【金華山黄金山神社】のお参りと、【鹿山公園】に行ってきました!

金華山へ行くには、離島なのでフェリーや船(海上タクシー)で行く必要があります。
今回は、仙台から石巻市鮎川まで高速を使わずに車で行き、定期船(ドリーム)に乗船して金華山へ向かいました。

  • 金華山っていつどうやって行けばいいの?
  • フェリーの乗り方は?
  • 予約した方いいの?いつ乗れるの?
  • 仙台から金華山までどれくらい時間かかるかな?

など全てレポートしたいと思います~

では、どうぞ(・∀・)ノ

金華山に行く理由

土曜日の夕方、突如

わたし
鹿がたくさんみたい。宮城で・・

と思い立った私。(相席食堂の千原せいじの回みてた)

鹿=奈良」と思われがちなんだけど、実は宮城県石巻の離島「金華山」に鹿の楽園みたいな場所があるんですよ。

めがね
人より鹿の方多いかも

オイオイ!まじかよ!

丁度日曜日は予定がなかったので、急遽「金華山行き」を決めました。
とりあえず、日曜に定期船あるからそれ乗ればOKってことね。

すぐさまフェリーに連絡し、次の日向かうことにしました。

金華山といえば、「3年連続でお参りするとお金に困らない」なんつー話もあっていつ行こうかずっと考えてたんですよ。
唐突に来るもんだね。よっしゃ。

(一番の目的は鹿だけど)

この日は、鹿にたくさん会えるかもと思うと興奮してなかなか寝付けませんでしたZzz・・

仙台から鮎川のフェリー乗り場まで車で向かいます

仙台駅周辺からまずは車で石巻市鮎川のシードリーム金華山汽船のフェリー乗り場へ向かいました。

日曜・朝7時頃、仙台駅周辺から出発~!

ルートは仙台から鮎川港までだいたいこんな感じです。

高速道路を使えば2時間かからないくらいで到着するけど、高速道路は飽きるので「使わず」に利府→松島→石巻のルートで目指しました。

岩切のデイリーヤマザキ

途中、岩切らへんにある「デイリー神ザキ」(品揃え・POPが良いデイリーヤマザキ)で朝食を買って、車で食べたり

石巻の工場

日本製紙石巻工場やらなんやら工場を横目で見たりして、鮎川のフェリー乗り場へ向かいます。
これ夜に見てみたいなぁ(^q^)
やー、こういうでかい工場みるとFF7思い出すよねー。

途中、くねくねする道があったり工事中で1車線になったりする場所もあるので考えてる時間よりは早めに行ったほうがいいかも。

9時15分、鮎川港フェリー乗り場到着

鮎川港フェリー乗り場

フェリー乗り場までは、出発の15分前までに行く必要があるので遅れてはならない・・!と思い早めに出たら、1時間も早く到着。(途中道が混んでなかった)

仙台から下通っていくと、休憩合わせてだいたい2時間15分くらいの運転です。

1時間前にもかかわらず、フェリーのの駐車場には結構車が止まっていた模様。まだ受付も始まっていないようなので、時間を持て余した私達はとりあえず周辺をドライブしてみました。
近くにコンビニもないので、ただあてもなく走る感じ。

フェリーは予約してから行くべし

鮎川港フェリー乗り場の受付

受付の隣には、レストランとかにあるような名前を書く用紙が設置していました。
これは予約してなかった人が、後から購入する時に使うみたいです。(予約した人は記入不要)

フェリーは、日曜に運行する「定期船ドリーム」で定員は75名までOKです。※2019年6月現在

鮎川港フェリー乗り場の乗船券売場

たまたま観光バスが3台くらい来ていたので、結構いっぱいだった。
予約してないと、後から呼ばれるしもしかしたら乗れない可能性もあるのかな?

予約が優先なので心配であれば、前日までに電話予約しておくことをおすすめします。

鮎川→金華山の定期船の時間・料金

鮎川港定期船の時刻表(2019年6月現在)↑2019年6月現在

シーズン中のみ、定期船が日曜日運行しています。

金華山までの料金(鮎川港)

大人/2500円  子ども/1250円 ※2019年6月現在
料金は往復になります。

運行時間(日曜)2019年6月現在

鮎川発→金華山行10:30
金華山発→鮎川行12:30

時間や運行曜日は変わる可能性があるので、必ずフェリーに確認してください。
★7月・8月は臨時便が出るようです。

てか、定期船だと約2時間の滞在になるっちゅーわけか。(移動合わせると2時間以下)

果たして、2時間で足りるのだろうか・・?

この日は、たまたま臨時便が出ていて人数の都合により13:00金華山発のフェリーで帰ることになりました。(ラッキー)

金華山行きのフェリーチケット

無事受付完了。

もし、オフシーズンや平日に金華山に行きたい場合は「海上タクシー」を利用します。

海上タクシー

写真手前に写っているのが海上タクシー。5名以上で、1名3000円(往復)できるようなので、自由に行きたい人は海上タクシーがいいかも。

フェリー乗船!ウミネコにエサがあげられるよ!

定期船「ホエール」

こちらが本日の定期船「ホエール」です。

定期船「ホエール」船内

この日は、団体さんもいっぱいいたので席が微妙にしか空いてなかったので、外で立つことにしました。

乗船時間もだいたい20分くらいだしね。

船内にはトイレも完備。

定期船「ホエール」で売ってたかっぱえびせん

セルフでかっぱえびせんも購入できます(150円)
自分で食べてもいいし、ウミネコにあげてもいいし(*´ェ`*)
※どちらかというとウミネコ用

10:30出発~!

6月の梅雨シーズン。何とか雨は降らなかったけど、曇模様。半袖のお客さんも結構いたかな?

金華山へ出発!

前の日が雨だったので、ちょっとしたジェットコースターみたいに揺れるんだわなぁ(*´ェ`*)←ちょっと楽しい

ウミネコにエサをあげる親子連れさん

小さい子どもさんがいるファミリーが、ウミネコにエサをあげ始めました。

ウミネコ襲来

 

・・・Σ(゚Д゚)

ひいい!!

船上でのウミネコ餌あげ体験

 

めっちゃ来たー★

ウミネコ

エサをあげ始めて5分くらいは、ウミネコ大集合してフェリーをずっと並走(?)していた。
いっぱいいて凄い・・(゚A゚;)

せっかくなので、カメラの練習がてらウミネコさんの撮影をしてみましたよ。

いやぁ~それにしてもなかなかの荒波。

大間のマグロ釣り師、山本さんに思いを馳せるのでありました。

エサが無くなると次々にウミネコさんもドロップアウト。

最後まで頑張るウミネコ

最後の最後まで頑張っていた2羽のウミネコさんにかっぱえびせんあげたかったなぁ(荒波過ぎて動けず・・orz)

ウミネコとカモメの違い

カモメとウミネコの違い

ウミネコとカモメを間違いやすいので、違いをざっくりとまとめてみました(私もよく間違える)
※種類によって微妙に違うとこもあるかも。

外の席は気をつけよう

外の風を浴びたい、ウミネコにエサをあげたいという事で外の席に行く人も多いと思います。

気をつけた方が良い事が1つ。

天候にもよるんだけど、波しぶきがとんでもなくかかる事があります。
※特に端っこに寄ってる人

この日は、前日雨だったこともあって荒波だし、波しぶきすごいし。
到着する頃には、顔が天然の海水でコーティングされた気がします(*´ェ`*)

石巻のウミネコ

若干カメラも危なかったかもしれない。

Tシャツで来ていたどこか家族連れのお父さん、結構びしょびしょでした。

なもんで、ウィンドブレーカー持ってくといいと思います。

わたし
おすすめはワークマン★

わりとおしゃれなのに、安くて高機能。

ワークマンの着心地良くて肌寒い微妙な時期に超愛用している。ワークマンいいわぁ。
せっかく買った北海道用のモンベルのウィンドブレーカーは、ほぼ出番がなくなりました。

このFieldCoreシリーズのやつ男女兼用なので、女性でも大丈夫です。(Mサイズをちょっとダボ気味に着る)
※普段は女性のS~Mサイズを着用してます。

話脱線したけど、とりあえず不安定な天気のときは素直に「中入っちゃう」か「ウィンドブレーカーを持って」いきまSHOW★

10:58 金華山到着・神社まで無料送迎してくださいます

金華山に到着

荒波にもまれながら(大げさ)たどり着いた金華山\(^o^)/ヤッター!!!

石巻市金華山休憩所

↑金華山フェリー乗り場の休憩所

みなさんの目的地「金華山黄金山神社」は島の上にあり、足腰の弱い方はマジで無理。
という事で金華山黄金山神社さんが、無料で送迎してくれます。(12人乗り・8人乗りワゴン車等)
ただ、お客さんがたくさん居るときは混み合うのでタイミング悪いと待つのかな?

金華山の大きな鳥居

私達は、「鹿目的(+参拝)」なので坂を登ってまずは、鹿山公園をめざします。

金華山第一鹿発見
わたし
あ、さっそく第一鹿発見・・

フェリー乗り場が見える丘っぽいところから、一匹の鹿がこちらの様子をうかがっているようにみえました。

金華山ちょっと登ってみました。

ちょっと坂登っただけで、息切れ・・(坂めっちゃ急です・・)

次回予告!!!!

鹿を探しに坂を登る、ねずほり夫婦は・・・

わたし
ねえ、ホントに鹿いっぱいいるの?
めがね
前行ったときいっぱい居たよ。
わたし
えー、まだいっぱい居ないけど・・

※ちらほらは居る。

めがね
あっ・・・!!
金華山の鹿

 

わたし
えぇ・・・!!何これ・・!!!

果たして鹿に会えたのか?!

金華山の鹿

次回、【鹿の桃源郷?!!鹿しかいない鹿の世界】をお送りいたします(タイトル未定)
※雑なモザイクなので、おわかりかと思います。

更新は7月6日21時ごろの予定です~。
早めに見たい方は、アップされたらツイッター(@nezumi3_update)でつぶやきますので、ぜひフォロー下さいませ(._.)

それでは次回まで~

 

という、新しいスタイルでお送りしました(*´ェ`*)

◆おすすめの記事

  1. え…?人より鹿が多いの?宮城の珍スポット!鹿山公園
  2. 狩人で熊そばを食べる【気仙沼旅-栗原vol.9】
  3. 【レポ】伊達武将隊街歩きツアー「青葉山のリスと冬の野鳥観察会」に参加してみた。リスに会えたよ
  4. 【岩沼】金蛇水神社で金運アップ!初詣と厄払いのご祈祷に車で行ってきたよ!ご飯情報も

以上、ねずホリ(@nezumi3_update)でした~。

この施設の詳細情報

2019年6月29日現在の情報です。

※地図の間違いや情報が変更になる場合があります。必ずお店にご確認下さい

【フェリー】
株式会社金華山観光クルーズ

■ 住所:宮城県石巻市鮎川浜南68

■ 参考URL: 公式HP

■ TEL:0120-489-918

天候等により運行状況が異なります。
必ずフェリーに確認を取って下さい(._.)

都道府県から選ぶ