【鳴子】鬼首かんけつ泉の難易度が高すぎる、良さげな温泉

山形/ 観光・施設


大崎市鳴子温泉鬼首。地獄谷後、車で5分も掛からないところに「鬼首かんけつ泉」があるのでよってみました。
→前の記事はこちら

入場料400円(大人)を入り、中へ。

こちらはその名の通り、「間欠泉」が見学できる施設なのです(゚∀゚)

日本でも数少ない、間欠泉

\(^o^)/ようこそ~\(^o^)/

ということで、早速のウエルカム間欠泉。
約10分間隔で噴出するとのこと。

泉質もでかでかと書いてありました。100℃~120℃って熱湯だね(゚A゚;)

道の横にも、水と思いきやめちゃめちゃ熱いお湯が流れておりました。

ウエルカム間欠が終わった。

鬼首かんけつ泉内の施設を周ってみる

次の回の頃まで、とりあえず周りを散策することに。

足湯も完備!

そっからもう少し奥にいくと…

なんか打たせ湯にしたらちょうど良さそうなやつ発見@@
※できません

そこから更に下に降りると滝がありました。

お、、温泉の滝キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

残念ながら柵があるので、入れないけど熱風を感じる滝。たっぷり湯分を含んだ滝っぽい。近くにいるだけで結構暖かくて、温泉入ってる気分が味わえます。(多分)

割と幻想的に写真が撮れた気がする。

勇気がいる施設内の温泉

この施設内になんと実際に入れる温泉もあります。しかも露天!

なんかすごい素敵じゃない?!しかも横に川流れてるし・・

風情もあって素敵よね・・

だけど、ここ混浴なんですよね。。

他の方のブログを見ると、このゾーンは足湯らしい

この矢印のところが入浴ゾーンらしい。
囲われてるとは言え、結構難易度高し君。。。(゚A゚;)
というのも、しっかり温泉施設として見えないようになっているわけではないのですよ。

露天っていうより、野天湯って言ってもいい気がする。

一応男女共用と思われる脱衣所もあることにはあります。ただ他のお客さんにも見えそうな隙間具合なので、ちょっと勇気がいるのです。
2回ほど、こちらに遊びに来ていますが入浴している人をまだ見かけた事はありません。

ただ雰囲気がすごくいいし、キレイだしどんな感じか結構気になるなぁ。

再び、間欠泉「弁天」へ

一通り周った後に、また来ました間欠泉タイム!

こんな感じでした。

動画もとってみたよ。

時間は短かったけど、間近でみるとすげー!ってなるやつです。

温泉卵も作れるよ

間欠泉のお湯を作って温泉卵も作れます。ゲートくぐってすぐのとこに、食堂があるのでそこで生卵を購入して温泉卵を作りましょう。

間欠泉「雲竜」も見てみる。

入り口から降りてすぐのところにも間欠泉があって、こっちは「雲竜」で、20~30分間隔で2~3m噴出するそうです。上の弁天には敵わないけど、隣が食堂になってて2階の窓からタイミングがよければ見ることができそう。

高さ的にはこんな感じかな。

食堂とお土産もあるよ

鬼首かんけつ泉には食堂もあります(゚∀゚)

メニューも何気に美味しそう!
ホームページの情報によると…

おこわ定食、なめこ稲庭うどん、なめこそば、冷おろしそば、冷やおろし稲庭うどん、ざるそば定食、ざる稲庭うどん定食、稲庭うどん定食、そば定食、こんにゃく味噌おでんなどなど

詳しくはホームページをご覧ください。

結構充実してて、胃に優しそうなものが多くてよいですなぁ。温玉もつくし。

そして、私好みのなかなか渋いお土産も健在。

お土産に、鬼首かんけつ泉の温泉卵もいかがでしょうか。

鳴子温泉からちょっと遠いけど、ぜひ一度は行ってみてもいいと思いますよ(゚∀゚)

おすすめの記事ですよー

  1. 【大崎 古川】レストランBR ランチに困ったらここ行っとけば間違いないから!看板怪しいけど!美味しいから!
  2. 【鬼首】ちょっと危険な地獄谷遊歩道で温泉を全身で浴びる。
  3. 【鳴子温泉】あ・ら伊達な道の駅のバイキングと憧れの黒湯

以上、ねずホリ(本人)でした~。

鬼首かんけつ泉【観光地・温泉】

※2018年7月7日現在の情報です。

■ 住所:宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字吹上12

■ 参考URL: 公式HP

■ TEL:0229-86-2233

4月下旬〜11月 9:00〜16:30
3月下旬~ 4月下旬 10:00~15:00
定休日:水曜日(GW、夏休み、紅葉期間を除く)
12月~3月下旬は冬期休園となります
大人 400円 小中学生 200円
未就学児 無料

※地図の間違いや情報が古い場合があります。必ずご自身でご確認下さい